ニケッチャニッキ

はてなブログ・WordPressカスタマイズ・Androidプログラミング

mixhostでSSL(HTTPS)対応!

f:id:niketcha:20190707194550p:plain

mixhostに移転して数日たちました。ロリポップと比べて当たり前ですが超速い。

管理画面も軽くなって、WordPressのカスタマイズが捗ります。

mixhostではSSL対応が無料で設定も簡単とのことなので、早速設定してみました。手順は次の通りです。

WordPressのSSL化手順

mixhostの対応を待つ

公式mixhostヘルプページ

独自ドメインを登録してからしばらくすると、下記のようなメールが届きます。

実際にhttps~のURLにアクセスしてウェブサイトがきちんと表示されるか確認してみてください。

WordPressのURL修正

WordPressアドレスとサイトアドレスをhttpsに修正します。

参考WordPressアドレスとサイトアドレスの違いについてはこちらの記事で軽く触れています。

投稿内リンクの修正

1つ1つ手作業だと時間がかかってしまうので、プラグインを利用します。

Search Regexというプラグインが便利です。

インストールして有効化したら「ツール」-「Search Regex」を選択します。

「Serch pattern」にSSL化前のURLを、「Replace pattern」にSSL化後のURLを記入して「Replace」をクリックします。

変換対象リストが表示されるので、内容が正しそうかどうかチェックしていきます。

大丈夫そうだったら「Replace&Save」をクリックして完了です。

リダイレクトの設定

http://~にアクセスされたときに自動でhttps://~へ飛ぶように設定します。

WordPressのインストールディレクトリ(デフォルトのままなら/public_html/ドメイン名/)に.htaccessファイルがあるので、FFFTPなどのソフトでダウンロードします。

FTP接続のためのアカウント情報は「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメール内に記載されています。

「新規ホスト」をクリックして下記の情報を入力し、接続する。

ホストの設定名任意の名前。自分がわかりやすいように付ける
ホスト名メールに記載されたFTP/FTPSホスト名
ユーザー名メールに記載されたユーザー名
パスワードメールに記載されたパスワード

.htaccessファイルを選択して青い↓をクリックするとダウンロードできます。

.htaccessファイルには下記の内容を追記します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

必ずバックアップを取ってから修正、アップロードしてください。

GoogleSearchConsoleとAnalyticsの設定

GoogleSearchConsoleに登録している場合はhttps://のアドレスを再登録し、サイトマップの再送信をします。

プロパティの追加をクリックして再登録。

「クロール」の「サイトマップ」を選択する。

「サイトマップの追加/テスト」をクリックして追加。

公式Google Search Console

Analyticsのプロパティ設定でウェブサイトのURLを変更。